« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月曜日)

知事の発言

本日、厚生常任委員会が開催されました。
私は委員ではないものの、午後登庁して傍聴しました。
知事としてみれば、
事件後、迅速な対応をする必要があるとの思いで、
短期間でありながらも、家族会のご意見を十分に踏まえた中で、
現在地での建て替えを行う方針を定めたのだから、
それが何故悪いという思いから「心外」という発言に繋がったのでしょう。
しかし、「心外」という言葉には、
相手に対する反発心、裏切られたという思いが潜んでいます。
従って、政治家としては不用意な発言であったと言わざるを得ないでしょう。
障害者団体等からのご意見の中には、家族会の皆さんの建て替え方針とは必ずしも同じでない趣旨のご意見もありますが、そうしたご意見にも謙虚に耳を傾け、参考にすることが出来ないか、立ち止まって考える必要があります。
津久井やまゆり園の行方は、
障害当事者、関係団体のみならず、
全ての県民、国民が注視をしていることに、
十分注意し、丁寧に前に進んでいくことが必要です。
言葉だけの「共生社会」にならないように。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 
 

|

2017年1月21日 (土曜日)

アメリカ新大統領就任

20日、米国の新たな大統領にトランプ氏が就任しました。
移民の排除、TPP撤退など過度な自国優先主義を標榜し、更にオバマケアの見直しなどこの間アメリカが進めてきた政策の根幹とも言えるところを次々に転換するトランプ大統領の登場で、アメリカ自身がどう変化するのか、日米関係の行方は、国際政治、経済の先行きはどうなるのかなど、全てが不透明な印象となっています。
それだけアメリカが自国の力に自信がなくなってきているということでもあろうし、グローバル社会の進展に伴い、相対的に他国が力を付けてきたという意味でもあろうかと思います。
10年ほど前、がん対策を中心とする医療関係の視察でメリーランド州を訪問したことを思い出します。ワシントンDCからも近いジョンズ・ホプキンス大学病院、メリーランド大学などで、世界最先端の研究体制、治療体制などを詳しく聞き、とても日本では及びもつかない水準であることが良く分かりました。
研究のために集まる資金の規模が桁違いである上に、研究者も世界中から集まり、特に私が行ったときにはアジアでは中国からの研究者がとても多かったと思いますが、世界中の頭脳が集積して研究を行っているということに脅威を感じました。
当時訪問した、未だ立ち上げたばかりの創薬ベンチャー企業が、その後がん治療薬で成功し、大変な会社にまで成長したと後になり聞きました。
アメリカは世界中の人材、資金が集まるからこそ、様々な分野で世界最先端であったのであり、そこに排外主義や極端な自国優先主義を掲げれば掲げるほど、アメリカ自身がその国力を弱めていくことになるであろうと懸念するところです。
トランプ大統領の手腕を、しっかり見ていきたいと思います。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(健夫)
 

|

2017年1月16日 (月曜日)

働き方改革

今年の国のメインテーマの一つは、働き方改革です。

昨年来、企業での違法不当な長時間労働により問題が顕在化した事例が多発しています。

一昨年、電通の女性社員が長時間労働の末に自殺した事件は、一年を経て、三田労働基準監督署が元上司を書類送検し、大きな社会問題となりました。

年が明けて、11日には、三菱電機の(元)研究職男性が、長時間労働によりうつ病を発症した件で、会社は神奈川労働局から書類送検される事態に及んでいます。

今日の報道では、関西電力で原発の運転延長を巡り原子力規制委員会対応していた課長が自殺した問題で、敦賀労働基準監督署が社長の出頭を求め、管理職であっても名ばかり管理職などに不適切な長時間労働があれば、それは指導対象であるということが明示されたとのことです。

遅かれ早かれ、長時間労働の社会問題化は予想されたわけでありますが、今年は官民問わず、労使ともに本当に「働き方改革」をしていけるかどうかが試される一年となるでしょう。

長時間労働、サービス残業、休日出勤、有給休暇の不取得、上司からのパワハラ、セクハラなど、働く現場では多くの問題が横たわり、そのことが顕在化しにくい社会でしたが、これからは問題が次々に露見し、経営者、管理職の能力が真に試される社会に変革して行かなければならないと思います。

同時に働く一人一人がしっかりと声を上げることも大切だと思います。

現地現場主義で改革を!!

神奈川県議会議員

さいとう健夫(たけお)

|

2017年1月10日 (火曜日)

新年の議会運営委員会

元旦から新年会の日々が続きます。
今日は定例の議会運営委員会が行われました。
その後、県幹部との賀詞交歓会に参加し、
知事、副知事、各局長など幹部の皆さんに新年のご挨拶をしました。
その後、例年行われている県政記者クラブによる記者会見と、
その後の記者とのしばしの懇談などをこなし、
夕方からは地元での新年会に舞い戻りました。
知事の予算査定も間もなく始まり、
予算編成最後の詰めの段階となります。
新年会が続く中ではありますが、
アンテナを張り巡らして、
当局と県政課題についてきちんと深い議論が出来るよう、
情報収集を怠りなく行わなければならない時期でもあります。
緊張感を持って過ごしていきたいと思います。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年1月 4日 (水曜日)

仕事はじめ

穏やかな三が日が終わりました。
今日から仕事始めの方々が多いのではないかと思いましたが、
朝の小田急線、東海道線は、
普段と比べ、かなり空いていましたので、
今週末までお休みという方々も多いのかもしれません。
早朝より藤沢駅南口と藤沢市役所前でご挨拶をさせて頂きましたが、
今日も暖かく過ごしやすい一日となりそうです。
明日から本格的に地域の新年会がスタートします。
また、定例の議会運営委員会は週明けの10日です。
しっかりと頑張って参りたいと思います。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年1月 1日 (日曜日)

2017年スタート

平成29年(2017年)がスタートしました。
事故や災害のない穏やかな一年であることを心からご祈念申し上げます。
私自身は元旦、毎年お招き頂く地域の新年会から無事にスタートし、
順次、皆様にご挨拶をさせて頂いております。
暖かい日差しが降り注ぎ、過ごしやすい日となりそうですが、
どうぞ皆様もゆっくりと良き新年をお過ごしください。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »