« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土曜日)

メーデー

今日は全国各地でメーデーが行われました。
県内でも同時に数か所で行われ、私は例年同様、茅ケ崎中央公園で行われた湘南地区メーデーに参加しました。
素晴らしい天候に恵まれ、参加者も3600人を超したとのことです。
思い起こすと県議初当選の2003年のメーデー以来、参加回数は15回になりました。
その間、歴代の連合神奈川の会長は4人、地域連合の議長は5人と、気づけば多くの労働界リーダーからご指導を受けてきたことと、感慨深い気持ちになりました。
かつて放送界に身を置いていたときに、中部地方の支部分会書記長を一年だけ務めたことがありました。記者、アナウンサー、ディレクターだけからなる放送分会なるもので、皆それぞれ、より良い番組を世に送り出すために、連日の深夜早朝、土日勤務は当然のこととして、身を粉にして働きました。だから労働時間のことなどを組合問題にすること事態、憚られる印象でしたが、いまの放送現場は少しは状況が変わったのか、興味深いところです。
昨年来、社員の「働かせ方」に大きな問題が露呈し、刑事事件にまで発展する事態に及んでいます。「働き方改革」は今、正に最重要の政策課題です。その肝は、経営トップの意識改革でしかありません。「働き方改革」は、経営トップの社員への「働かせ方改革」に他ならないことを、トップは肝に銘じていかねばならないでしょう。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年4月16日 (日曜日)

鎌倉市議選、地元会合など

今日から鎌倉市議会議員選挙がスタートしました。
 
26議席を巡り、37人がしのぎを削る選挙戦のスタートです。
私自身の関わりでは、民進党公認候補二名(岡田和則氏、いいのまさたけ氏)、
連合系無所属候補二名(山田直人氏、竹田ゆかり氏)が立候補されました。
日頃よりお世話になっている候補の事務所を訪問、出陣式にお邪魔をしました。
関係者全員の上位当選を実現するために微力ながら努力します。
午後、地元に戻り会合に出席して県政報告を行ったのち、相模原の本村賢太郎衆議院議員(神奈川14区)のご母堂のお通夜に参列しました。参列者の長蛇の列に驚きましたが、これも母上、代議士はじめファミリーの皆様の人望だろうと思います。
お亡くなりになる二日前にお見舞いした折、母上とは少しお話も出来ました。
とにかく残念でなりません。心よりご冥福をお祈りします。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 

|

2017年4月12日 (水曜日)

江島神社初巳例大祭

午前中は地元江島神社の例大祭でした。
錚々たる来賓の方々が多数お見えになる歴史、伝統のある大祭です。
私も来賓として座らせて頂き、玉串を捧げました。
今日は、桜の花も満開の見ごろで、平日にも関わらず参道を歩く観光客の方々も多数おられ喜ばしい限りです。
オリンピックまであと三年です。
来年、再来年にはそれぞれ準備のための事前大会も開かれるので、諸環境を整備し、地元へのより良き相乗効果となって現われるよう、関わっていきたいと思い
ます。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年4月 6日 (木曜日)

湘南高校の入学式に出席

今日は地元、湘南高校の入学式に出席しました。
県下随一の難関、名門校として名を馳せている湘南高校に入学した皆さんの印象は、とても凛々しく緊張感が漂っていました。
「最も困難な道に挑戦せよ」
湘南高校で代々受け継がれている言葉ですが、
安きに流れがちな今という時代、
改めて私自身も突きつけられている言葉のようにも感じました。
稲垣一郎校長は新入生に繰り返し
「勉学と部活動、学校行事、これらを全てしっかりとこなすように」と、
お話されていました。
かつて湘南高校を訪問した折に、
当時の川井陽一元湘南高校長(現、湘南学園長)が、
「湘南高校は私学の中高一貫進学校と異なり、多様な生徒たちが学ぶ公立中学から進学する生徒が大半。だからこそ社会における弱者への眼差しを持ち、本当に優れた社会のリーダーたるべく、勉学に部活動に学校行事にまい進し、進学で結果を出すことが求められる」旨のお話を思い出しましたが、脈々とその志は生きていると感じました。
 
充実した高校生活を過ごし、
其々が希望する最難関の大学、学部に進学して、
将来、社会をしっかりとリードする強く優しい人材に育って欲しいと切望します。
 
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 

|

2017年4月 5日 (水曜日)

湘洋中学入学式に出席 

午後から地元、湘洋中学の入学式に出席しました。
 
300名を超える新入生を迎えることとなりましたが、3月の卒業式では250名余りと聞いていましたから、地域的に大分お子さんの数が増えていることが分ります。
 
真新しい制服に身を包んだ新入生の皆さんは、とても微笑ましい姿でした。
 
この3月で勇退された小路口前校長もお見えになられていて、親しくお話させて頂きました。
 
海に面した学校なので、震災による津波から生徒が迅速に避難出来るよう積極的な取り組みを行ったり、屋上に生徒、地域住民が避難できるよう校舎屋上の改修への取り組みを積極的に働きかけるなど、地域へも大変貢献された先生です。
 
この4月から新たに校長になられた和田先生の取り組みにもとても期待致しております。
新入生の皆さん、本日は誠におめでとうございました。
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年4月 4日 (火曜日)

地元活動など

午前中、地元での活動を行い、昼は横浜へ。
昼食を摂りながら2時間ほどの打ち合わせを行い、県庁へ。
夕方、再び地元に戻り、夜は週末に開催される大相撲藤沢場所の激励会に出席しました。
先発で藤沢に入られた錣山親方(元関脇寺尾関)を激励する会ですが、
親方の美男ぶりは相変わらず、本当に役者のようなカッコよさです。
藤沢場所も25回を数えることとなり、関係者の皆さんのご尽力には頭が下がる思いです。週末のご成功をお祈りするご挨拶をさせて頂きました。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年4月 3日 (月曜日)

県連役員会など

午前中は、県連での役員会に出席し、その後は県庁に。
 
雑務をこなしてから、午後は鎌倉市議会の候補者事務所に伺いました。
鎌倉山、八幡宮に至る段葛の桜はまだ三部咲き、本格的な春の到来は少し遅れているようです。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »