« 代表選挙スタート | トップページ | 『長い目で悠々と生きる』 »

2017年10月23日 (月曜日)

衆議院総選挙を終えて

民進党代表選挙を終えて以降、
短い期間で激変が起きました。
希望の党、立憲民主党、無所属という三極に分かれる事態となりました。
希望の党への全員合流を実現出来なかった前原代表は、
結果としてはリーダーとして最悪の結果をもたらしました。
衆議院選挙の結果は、悲喜こもごも、
毎回の如くではありますが、選挙は集票数が問われるだけなので、
驚くべき当選もあれば、まさかの落選もあり。
一連の結果は結果として受け止めざるを得ません。
その上で今後、民進党に残っている参議院議員、無所属で闘い党籍を残す衆議院議員、地方議員がどう動くべきか、動かざるかを含め、大きな課題として残っています。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 
 

|

« 代表選挙スタート | トップページ | 『長い目で悠々と生きる』 »

ニュース」カテゴリの記事