ニュース

2017年12月22日 (金曜日)

重粒子線治療危機に

完成、稼働開始からちょうど二年を迎えた県立がんセンターの重粒子線治療施設が治療存続の危機を迎えているということです。
専任の放射線科医師が相次いで退職ないし退職の意向を示しているということで、
報道によれば、
「先進医療の継続を巡っての見解の相違や医師間の対立」
「診療方針を巡る見解の不一致」
「治療方針を巡る意見の食い違い」
などが原因とのこと。
 
患者に負担を掛けず、がんの根治を目指す画期的な施設として注目を浴びていますが、スタートしたばかりのこれほど早い時期に大問題が生ずるとは思っていませんでしたので、とても残念です。
そもそも医師確保の困難さは、ずっと言われてきました。
県立がんセンターで病理や麻酔の先生が中々確保出来ないという問題は、私が議員になったときから既に懸案課題として挙げられてきたことです。
がんセンターを新装して手術室を増やし、外来抗がん剤のための部屋を大きくしたものの、
フル回転出来ていない状態がずっと続いているはずですが(直近のデータに基づいていないので不正確である可能性)、それも医師、看護師確保が十分出来ていないからだと言われてきました。
県立がんセンター自身は勿論のこと、県立病院機構としてもあらゆる部門の人材確保は最重点課題の一つとして取り組まれてきたはずです。また医師不足、看護師確保など人材確保の困難さは、神奈川県だけでなく、国全体の課題として大きく横たわっています。
今回の問題を重粒子線治療施設だけの問題、県立がんセンターだけの問題であると考えては薄っぺらい理解であると言わざるを得ません。
とは言いながらも、県民の大きな期待を背い、多額の税を投入して作られた治療施設としての存続のため、関係者が人脈を駆使し、あらゆる方策を使い、医師確保に向けた努力をしなければなりません。議員としても現状を批判しているばかりでなく、前に進むための取組みをしなければならないと思っています。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 
 

|

2017年12月21日 (木曜日)

『長い目で悠々と生きる』

名古屋芸術文化センター総長でいらした飯島宗一先生にご出演頂いたインタビュー番組「さわやかインタビュー」の演出をNHKで行ったのが20年前、名古屋放送局の駆け出しディレクターのときのことです。
久しぶりに当時の録画を見て、先生の温かいお人柄、実直にお話をされるお姿、本質をお話しされるときの厳しいお顔、全てがとても懐かしく思い出されました。
NHK名古屋の真隣にある名古屋芸術文化センターの総長室を、事前取材の為に幾度も訪問した折にも、その度に飯島先生は嫌な顔ひとつせず、20代の孫のような私に対して丁寧にお話をして下さいました。
病理学の大家であり、原爆症研究の権威であり、長く、広島大学学長、名古屋大学総長を務められ、核廃絶への取組みにも精力的なご活動をされた飯島先生が正に人生の総仕上げとしてなされたのが芸術文化振興、国際交流事業でした。
「情報が多く、複雑な世の中になればなるほど、益々基本的なことが大切になるのではないか、目先のことに捕らわれていると長い目で見れば成功率も低くなる。」
「平和が人類社会の基本である。仮に核廃絶が実現出来たとしても、核兵器を作ることが出来るという事実は残る、俺は作れるけれども作らないという意思が重要である」
「生涯、爽やかな一書生として生きる」
など数々の深いお話しをして下さいました。
2004年にご逝去、
混迷の野党に在り、大切にしなければならないのは、
原点であり、何のために政治を志したのか、とうことです。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 

|

2017年10月23日 (月曜日)

衆議院総選挙を終えて

民進党代表選挙を終えて以降、
短い期間で激変が起きました。
希望の党、立憲民主党、無所属という三極に分かれる事態となりました。
希望の党への全員合流を実現出来なかった前原代表は、
結果としてはリーダーとして最悪の結果をもたらしました。
衆議院選挙の結果は、悲喜こもごも、
毎回の如くではありますが、選挙は集票数が問われるだけなので、
驚くべき当選もあれば、まさかの落選もあり。
一連の結果は結果として受け止めざるを得ません。
その上で今後、民進党に残っている参議院議員、無所属で闘い党籍を残す衆議院議員、地方議員がどう動くべきか、動かざるかを含め、大きな課題として残っています。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 
 

|

2017年8月22日 (火曜日)

代表選挙スタート

昨日から党代表選挙がスタートしました。
 
野田幹事長が都議選惨敗の責任を取って辞任表明した後に、蓮舫代表が辞任表明するという、順序も理由も良く分からないままに新たな代表を選ぶことになってしまい、本当に残念な話です。
前原氏、枝野氏、それぞれの路線対立が激化すれば、選挙が終わってノーサイドとはならないのではないか、とも危惧されます。
これまでの代表選挙と違い、それぞれの陣営からの働きかけも激減の印象です。
出来ることならば、国の在り方を巡る真っ当な政策論争を行って頂きたいと思います。
「野党共闘」という言葉自体、これまで幾多の国政選挙でそんな言葉が使われたことなどなかったのに、これまた大変危惧する動きです。
現職の衆議院、参議院議員は2ポイント、
総支部長は1ポイント、
対する地方議員は6人で1ポイントと大勢に影響もない微々たる価値ですが、
しっかりと見極めて投票したいと思います。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年8月 9日 (水曜日)

長崎への原爆投下から72年

今日は長崎への原爆投下から72年です。
地元神社例大祭の始まる直前、市役所から流れる黙とうのアナウンスに従い、
参列者全員で黙とうを捧げました。
二度と戦争を繰り返すまい。しかし、あの大戦のときだって、多くの人々が戦争回避の努力をしていた。先日読んだ城山三郎著『粗にして野だが卑でない』によれば、石田禮助氏(元三井物産社長、第五代国鉄総裁)もその一人。
シアトル、ニューヨーク勤務という経験の中で、米国の国力を熟知しており、経済人として戦争回避に向けた努力を行った。
しかし軍人、政治家の決定的な判断の誤りにより、戦争に突入し、多くの国民を苦しみと悲しみのどん底に突き落とした。これは紛れもない事実である。
二度と戦争を繰り返してはならないと思う八月である。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年8月 6日 (日曜日)

NHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ72年目の真実~」

広島への原爆投下から72年目の夏を迎えた。
今夜放映されたNHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ72年目の真実~」は良く取材され、良く構成された秀逸な作品であった。
原爆投下により、犠牲となった人々が何時、何処で、どのようにして亡くなったのか―広島市が蓄積してきた膨大なデータ、被爆者により再現された絵画、聞き取りによる取材データなどを分析し、見える化させる初めての取り組みであった。
原爆による放射能で瞬殺された人々ばかりではない。
建物が倒壊し、その下敷きとなって燃え広がる火の粉から逃れることが出来ずに亡くなった「圧焼死」、中心部から離れた地域でも、大量の放射性物質を含んだ「黒い雨」を浴びて、原爆投下から日が経った後に亡くなった人々もたくさんいる。
そうした一つ一つの事例を細かく分析し、また生存者の声も丁寧に拾い上げるなど、NHKでなければ出来ない綿密な取材がなされていた。
アメリカにより投下された原爆、(当時の)アメリカに対しての憎しみの気持ちも強く沸くが、それと同じくらい、いやそれ以上に、戦争を始め、終わることが出来なかった無能な軍人、政治家を強く憎しみと憤りの気持ちが沸く。
誤った政治判断のお蔭で、多くの罪なき市民が犠牲になり、未だにその苦しみが続いている。
二度と戦争を繰り返してはならない。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月26日 (水曜日)

津久井やまゆり園事件から一年

Img_0010_2_2
津久井やまゆり園での惨劇から一年、 追悼のため施設を訪問しました。
昨年同様、小雨が降りしきっていました。
障害福祉の一般論として言われる施設から地域へということと、この施設の建て替えは別に論ずるべきと私は考えています。
神奈川県障害者施策審議会専門部会の最終報告書によれば、小規模分散化という方向で、津久井、仮移転先の横浜芹が谷地域、その他県立障害者施設を活用し、入居者131人の規模を確保する見通しとのこと。
しかしながら、既に多くの声も出ている通り、一日も早く、津久井のこの地に施設を再建設し、事件により出ざるを得なくなった入居者のために静かな環境を整えるべし、と考えます。
これまで大規模施設の建て替え、見直しなど行いもしなかったのに、事件を契機に見直すなど、そんなご都合主義は有り得ない。
 
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月22日 (土曜日)

遊行の盆

今日は市内各地で祭り、イベントがありました。
藤沢市内はもとより、お世話になっている関係で鎌倉、寒川へも参りました。
夕刻からは藤沢の恒例行事となった第13回遊行の盆に参加しました。
藤沢商工会議所でこの行事の定着に力を注がれた故・金井専務が、毎年懸命に現場を走り回っておられた姿が昨日のことのように思い出されます。
 
NHK名古屋放送局時代、岐阜県の郡上踊りの生中継放送のFDを務めたことがありました。この踊りは徹夜踊りで有名で、7月初旬から9月初旬までまで連日行われたと記憶しています。放送後、演出の先輩と朝まで徹夜で踊りに参加したことが懐かしく思い出されます。
今回は西馬音内(にしもない)踊りで有名な、秋田県羽後町(うごまち)から町長始め、踊り手の皆さん、小学生の皆さんも来られました。
町長曰く、金井専務がある日突然町を訪問され、是非力を貸して欲しいとお願いされたことが交流の出発点であったとのことです。
一つの行事を地域で根付かせていくことは並大抵のことではありません。
他市町で長く続く行事を学び、それをどう我が町に生かせるか、
商工会議所の皆さんの日々の取り組みに感謝です。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月20日 (木曜日)

湘南日中友好協会

今週は、藤沢市と姉妹都市である雲南省昆明市から、日本語のスピーチコンテストで優勝、準優勝した雲南民族大学、雲南師範大学の学生さんが訪日しています。
二人とも、日本語を学び始めて未だ3年に至っていないというにも関わらず、とても流暢に話すことが出来、優秀な学生です。
私は今年から湘南日中友好協会の副会長を拝命したので、少しはお役に立たねばということで、今朝は関係者の皆さんと一緒に藤沢商工会議所・増田会頭のところへ表敬訪問し、その足で東海道線に乗り、横浜へ向かいました。通勤ラッシュの様子も興味深いようでした。
県庁では知事、副知事室などが並ぶフロアーにある旧貴賓室、県議会の本会議場、会派の控室、大災害発生時に知事が指揮を執る災害対策本部などを見学して廻りました。
有権者による選挙により知事が決まり、地域選出議員である私たち議会との二元代表制で物事を決めるという民主主義のプロセスについて熱心に話を聞いていました。
その後、昼は中華街でひと時を楽しみました。
国家間の様々な政治的事情はともあれ、地域の草の根で国際交流を進めることは非常に意義深いことです。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月14日 (金曜日)

市町村、業界団体ヒアリング

12日から14日、県庁、出先機関(小田原、厚木)での市町村、各種業界団体からの予算要望ヒアリングが終了しました。

県議として15年目、この予算要望ヒアリングで15回目となりました。

要望される皆さんにとり、我々会派が行政との橋渡しになれたことがどれほどあったのかを思うと、大変寒々とした思いになりますが、逆に私自身は県内全域の市町村の抱える多くの懸案課題、様々な業界団体が抱える懸案課題を勉強させて頂く貴重な機会でした。

県西部では特に道路インフラなどハード面整備の課題がとても多く、山間僻地を抱える地域の深刻な思いが非常に良く分かります。

かつて民主党が政権交代という目的の為だけに、税金無駄遣いの槍玉に道路建設を挙げ、「コンクリートからひとへ」という愚かなメッセージを掲げて選挙を戦う多くの候補がいましたが、おそらく地方議会で市町村の声などを聞いていなかったそれら新人代議士候補は、ハード整備の重要性を全く理解出来なかったのだろうと思います。

私自身は、人への投資の大前提にあるのが、安心して暮らせる基盤整備であり、迅速かつ適切にハード整備を進めることが重要と信じています。

現地現場主義で改革を!!

神奈川県議会議員

さいとう健夫(たけお)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ニュース