ニュース

2017年8月22日 (火曜日)

代表選挙スタート

昨日から党代表選挙がスタートしました。
 
野田幹事長が都議選惨敗の責任を取って辞任表明した後に、蓮舫代表が辞任表明するという、順序も理由も良く分からないままに新たな代表を選ぶことになってしまい、本当に残念な話です。
前原氏、枝野氏、それぞれの路線対立が激化すれば、選挙が終わってノーサイドとはならないのではないか、とも危惧されます。
これまでの代表選挙と違い、それぞれの陣営からの働きかけも激減の印象です。
出来ることならば、国の在り方を巡る真っ当な政策論争を行って頂きたいと思います。
「野党共闘」という言葉自体、これまで幾多の国政選挙でそんな言葉が使われたことなどなかったのに、これまた大変危惧する動きです。
現職の衆議院、参議院議員は2ポイント、
総支部長は1ポイント、
対する地方議員は6人で1ポイントと大勢に影響もない微々たる価値ですが、
しっかりと見極めて投票したいと思います。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年8月 9日 (水曜日)

長崎への原爆投下から72年

今日は長崎への原爆投下から72年です。
地元神社例大祭の始まる直前、市役所から流れる黙とうのアナウンスに従い、
参列者全員で黙とうを捧げました。
二度と戦争を繰り返すまい。しかし、あの大戦のときだって、多くの人々が戦争回避の努力をしていた。先日読んだ城山三郎著『粗にして野だが卑でない』によれば、石田禮助氏(元三井物産社長、第五代国鉄総裁)もその一人。
シアトル、ニューヨーク勤務という経験の中で、米国の国力を熟知しており、経済人として戦争回避に向けた努力を行った。
しかし軍人、政治家の決定的な判断の誤りにより、戦争に突入し、多くの国民を苦しみと悲しみのどん底に突き落とした。これは紛れもない事実である。
二度と戦争を繰り返してはならないと思う八月である。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年8月 6日 (日曜日)

NHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ72年目の真実~」

広島への原爆投下から72年目の夏を迎えた。
今夜放映されたNHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ72年目の真実~」は良く取材され、良く構成された秀逸な作品であった。
原爆投下により、犠牲となった人々が何時、何処で、どのようにして亡くなったのか―広島市が蓄積してきた膨大なデータ、被爆者により再現された絵画、聞き取りによる取材データなどを分析し、見える化させる初めての取り組みであった。
原爆による放射能で瞬殺された人々ばかりではない。
建物が倒壊し、その下敷きとなって燃え広がる火の粉から逃れることが出来ずに亡くなった「圧焼死」、中心部から離れた地域でも、大量の放射性物質を含んだ「黒い雨」を浴びて、原爆投下から日が経った後に亡くなった人々もたくさんいる。
そうした一つ一つの事例を細かく分析し、また生存者の声も丁寧に拾い上げるなど、NHKでなければ出来ない綿密な取材がなされていた。
アメリカにより投下された原爆、(当時の)アメリカに対しての憎しみの気持ちも強く沸くが、それと同じくらい、いやそれ以上に、戦争を始め、終わることが出来なかった無能な軍人、政治家を強く憎しみと憤りの気持ちが沸く。
誤った政治判断のお蔭で、多くの罪なき市民が犠牲になり、未だにその苦しみが続いている。
二度と戦争を繰り返してはならない。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月26日 (水曜日)

津久井やまゆり園事件から一年

Img_0010_2_2
津久井やまゆり園での惨劇から一年、 追悼のため施設を訪問しました。
昨年同様、小雨が降りしきっていました。
障害福祉の一般論として言われる施設から地域へということと、この施設の建て替えは別に論ずるべきと私は考えています。
神奈川県障害者施策審議会専門部会の最終報告書によれば、小規模分散化という方向で、津久井、仮移転先の横浜芹が谷地域、その他県立障害者施設を活用し、入居者131人の規模を確保する見通しとのこと。
しかしながら、既に多くの声も出ている通り、一日も早く、津久井のこの地に施設を再建設し、事件により出ざるを得なくなった入居者のために静かな環境を整えるべし、と考えます。
これまで大規模施設の建て替え、見直しなど行いもしなかったのに、事件を契機に見直すなど、そんなご都合主義は有り得ない。
 
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月22日 (土曜日)

遊行の盆

今日は市内各地で祭り、イベントがありました。
藤沢市内はもとより、お世話になっている関係で鎌倉、寒川へも参りました。
夕刻からは藤沢の恒例行事となった第13回遊行の盆に参加しました。
藤沢商工会議所でこの行事の定着に力を注がれた故・金井専務が、毎年懸命に現場を走り回っておられた姿が昨日のことのように思い出されます。
 
NHK名古屋放送局時代、岐阜県の郡上踊りの生中継放送のFDを務めたことがありました。この踊りは徹夜踊りで有名で、7月初旬から9月初旬までまで連日行われたと記憶しています。放送後、演出の先輩と朝まで徹夜で踊りに参加したことが懐かしく思い出されます。
今回は西馬音内(にしもない)踊りで有名な、秋田県羽後町(うごまち)から町長始め、踊り手の皆さん、小学生の皆さんも来られました。
町長曰く、金井専務がある日突然町を訪問され、是非力を貸して欲しいとお願いされたことが交流の出発点であったとのことです。
一つの行事を地域で根付かせていくことは並大抵のことではありません。
他市町で長く続く行事を学び、それをどう我が町に生かせるか、
商工会議所の皆さんの日々の取り組みに感謝です。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月20日 (木曜日)

湘南日中友好協会

今週は、藤沢市と姉妹都市である雲南省昆明市から、日本語のスピーチコンテストで優勝、準優勝した雲南民族大学、雲南師範大学の学生さんが訪日しています。
二人とも、日本語を学び始めて未だ3年に至っていないというにも関わらず、とても流暢に話すことが出来、優秀な学生です。
私は今年から湘南日中友好協会の副会長を拝命したので、少しはお役に立たねばということで、今朝は関係者の皆さんと一緒に藤沢商工会議所・増田会頭のところへ表敬訪問し、その足で東海道線に乗り、横浜へ向かいました。通勤ラッシュの様子も興味深いようでした。
県庁では知事、副知事室などが並ぶフロアーにある旧貴賓室、県議会の本会議場、会派の控室、大災害発生時に知事が指揮を執る災害対策本部などを見学して廻りました。
有権者による選挙により知事が決まり、地域選出議員である私たち議会との二元代表制で物事を決めるという民主主義のプロセスについて熱心に話を聞いていました。
その後、昼は中華街でひと時を楽しみました。
国家間の様々な政治的事情はともあれ、地域の草の根で国際交流を進めることは非常に意義深いことです。
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月14日 (金曜日)

市町村、業界団体ヒアリング

12日から14日、県庁、出先機関(小田原、厚木)での市町村、各種業界団体からの予算要望ヒアリングが終了しました。

県議として15年目、この予算要望ヒアリングで15回目となりました。

要望される皆さんにとり、我々会派が行政との橋渡しになれたことがどれほどあったのかを思うと、大変寒々とした思いになりますが、逆に私自身は県内全域の市町村の抱える多くの懸案課題、様々な業界団体が抱える懸案課題を勉強させて頂く貴重な機会でした。

県西部では特に道路インフラなどハード面整備の課題がとても多く、山間僻地を抱える地域の深刻な思いが非常に良く分かります。

かつて民主党が政権交代という目的の為だけに、税金無駄遣いの槍玉に道路建設を挙げ、「コンクリートからひとへ」という愚かなメッセージを掲げて選挙を戦う多くの候補がいましたが、おそらく地方議会で市町村の声などを聞いていなかったそれら新人代議士候補は、ハード整備の重要性を全く理解出来なかったのだろうと思います。

私自身は、人への投資の大前提にあるのが、安心して暮らせる基盤整備であり、迅速かつ適切にハード整備を進めることが重要と信じています。

現地現場主義で改革を!!

神奈川県議会議員

さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月11日 (火曜日)

連合神奈川の政策・制度要求のヒアリング

今日は最大の支援・支持団体である連合神奈川から、次年度に向けた政策・制度要求の提言案について、会派として概略を伺いました。

今年から連合神奈川として実現すべき政策課題を、2015年に国連で採択された2030年までの国際目標「SDGs」(Sustainable Development Goals)の17目標と具体的に照らし合わせながら、わかりやすい形でまとめられたことが特徴となっています。

ボーダーレス化の進展により、国として、地域としての固有の問題であるということを超えて、それら課題が普遍的な政策課題であるかどうかということにも、より意識を向けることが重要になってきているのは当然のことでしょう。

連合が掲げる「働くことを軸とする安心社会の実現」に向けて、より一層、私自身も尽力していかねばならないと考えています。

現地現場主義で改革を

神奈川県議会議員

さいとう健夫(たけお)

|

2017年7月 6日 (木曜日)

議会終了

今日は議会最終日、本会議にて採決が行われました。
 
知事提案の議案には全て賛同、意見書の審議なども行われました。
会派として委員会に提案していた意見書案は他会派の賛同が共産党以外得られず、本会議に単独提案することも断念するという事態でした。
期折り返しを越えたところですが、
様々な意味で潮目が完全に変わった定例会でした。
 
都議選の影響も今後、国政にどう出てくるのか分かりませんが、
隣県である神奈川でも幾つかの動きが出てくることかと思います。
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 

|

2017年7月 3日 (月曜日)

都議選が終了しました

 
都議選が終わり、小池知事率いる都民ファーストの圧勝という結果になりました。
 
自民党は議席を57から23と大幅に減らし、民進党に至ってはそもそも現有議席が7にしか過ぎなかったところ、それを下まわる5議席に留まるという完敗に終わりました。
 
前々回、8年前は政権交代直前の都議選で、民主党が54議席を確保、都議会議長も民主党が押さえるという状況から、政権下野後の4年前の都議選では17議席という大惨敗に終わり、共産党にも敗れて第4党になっていました。
当時、都議会民主党からの呼びかけで、首都圏の東京、神奈川、千葉、埼玉の一都3県で首都直下地震に備えた政策連携の為の勉強会設置なども行いました。また、脱法ドラッグの取り組みでは都議会で当局の方に来て頂き、共同の勉強会にも参加させて頂きました。しかし、4年もありながら、この間、政策のために設置した勉強会を積極的に重ねる取り組みを怠ってきたことを思います。
国政同様、地方議会でも、地域の課題、広域的な課題双方ですが、地道に政策的な取り組みを重ねること以外ないということを痛感します。その場しのぎの訴えを駅頭で声高に叫んだところで、長く続かないと思います。
 
逆に言えば自民党、民進党など既成政党を離党して都民ファーストで議席を得た方々、政治経験なく出馬して議席を得た方々、取り敢えず議会活動が出来るという意味では良かったのでしょうが、これからの議会運営、議会での実績を極めて厳しく評価されることになるでしょう。
 
 
現地現場主義で改革を!!
神奈川県議会議員
さいとう健夫(たけお)
 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ニュース